スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「JMATおかやま」活動報告

「JMATおかやま」活動報告

第2班の江澤チームが3月31日で石巻市での活動を終了し、

第3班の諸國チームが3月31日朝7:35分に岡山空港を出発しました。
諸國チームは、諸國眞太郎先生、新山看護師、金田薬剤師、田村事務員の4人の構成でした。

初日は石巻赤十字病院で準夜勤で外来診療に従事したとのことです。
以後は避難所の巡回を行っているようです。

第4班の田辺チームが4月5日に出発しました。
チーム構成は田辺潤医師、寺下由香看護師、家高弘文、堀淵浩二薬剤師です。

第3班からの報告では薬剤師が貴重なようで、他のチームからの相談等がしばしばあるとのことです。

これからは、現地での活動が3日間の4泊5日の日程で順次派遣して行きます。

第5班は村上チームで、4月8日に出発予定です。今月中の派遣チームは決定しました。

                                 (報告 松山)
スポンサーサイト

派遣依頼から現地までの情報

全日本病院協会から医療救護班派遣の依頼で

光生病院医療救護班が、26日早朝宮城郡松島町に早朝到着、現在も医療支援活動中です。

光生病院医療救護班派遣関連資料一式を下記に掲載しますので
ご参考にして下さい。

--------------------------
平成23年3月24日

宮城県宮城郡松島町避難所に対する光生病院医療救護班派遣について

平成23年3月23日、全日本病院協会を通じて、宮城県災害対策本部長からの東北地
方太平洋沖地震に係る医療救護班の緊急派遣要請が当院に入りました,ついては、
至急下記の事項を検討ならびに確認していただきますようお願いいたします。

1.派遣先(①または②のいずれかの避難所)
①松島町運動公園温水プール美遊
〒981-0215 松島町高城宇動伝一、34-1
②手樽地域交流センター
〒981-0215 松島町手樽宇釜地前1番地

2.派遣スケジュール
・空路班(医師、看護師)と救援物資を搭載した陸路班(コメディカルスタッフ)に
分かれて出発し、山形で合流して派遣地入りする。

・派遣期間は陸路班の移動を含めて7日間:3/24(木)~3/30(水)とし、派遣地における医療活動は
3日間:3/26(土)~3/28(月)とする。

・陸路班行程(往路)一3/24(木)光生病院発~岡山IC~山陽道~中国道~名神道~
北陸道~日本海東北道~R287~山形コンフォートホテル泊(空路班と合流)~3/26(土)AM中松島町着

・空路班行程(往路)一3/25(金)新幹線(岡山~新大阪)、空港バス(新大阪~伊丹)、
JAL2233(11:30伊丹発~12:45山形着)およびJAL2235(13:00伊丹発~14:15山形着)に分乗、
山形コンフォートホテル泊(陸路班と合流)~3/26(土)AM中 松島町着

・陸路班行程(復路)一3/29(火)松島町出発~山形空港~3/30(水)岡山着

・空路班行程(往路)一3/29(火)松島町出発~山形空港JAL4934(14:00山形発~15:20伊丹着)、
空港バス(伊丹~新大阪)、新幹線(新大阪~岡山)

3.派遣チーム
・医師1名(吉本静雄・よしもとしずお副院長 内科、呼吸器・感染症疾患専門医)
・看護師2名(角田敬子・すみだけいこ看護師、石川澄子いしかわすみこ看護師)
・コメディカルスタッフ2名(柏原勝彦かしはらかつひこ 臨床工学技士長、
              橋口雄介はしぐちゆうすけ診療放射線技師)

4.活動内容
 宮城県の要請内容を調査中。
 避難所への派遣であることを考慮すると自己完結型の医療救護支援が求められている可能性が高い。

5.持参する支援物資ならびに医療品

6.連絡および情報収集の手段
  携帯電話によるメールの利用、病院へのメール連絡はa_ono@kousei.hp.or.jpを使用。
  通話可能な固定電話および周定電話も利用する。

<社団法人全日本病院協会からの返事>

お世話になります。
先程、お電話させていただきました医療教護班派遣の連絡でございます。
今回、宮城梁災害対策本部長より、正式に医療救護班の派遣要請がございました。

派遣先は、宮城県宮城郡松島町の2つの避難所です。
どちらの避難所になるかは、調整させていただきたいと存じます。

尚、宿泊先については、当協会で現在探しているところでございます。
また、宮城県に向かう経路としては、陸路(高速道路)、空路があろうかと存じます。

もし、飛行機を利用されるとなれば、医療救畷班(JMAT)については無料の措置が現在執られております。

JALをご利用される場合は、事務局に手続き用紙がございます。
ANAでも大丈夫ですが、手続きが若干複雑なので、JALをお勧めいたします。

貴院の正式なご回答をお待ち申し上げます。
その際は、派遣期間、派遣者名簿をご教示いただきまずよう、
何卒よろしくお願い申し上げます。
--------------------------

岡山済生会総合病院5人が大船渡での災害救援に出発

3月26日(土)岡山県医療救護班第2班として 
岡山済生会総合病院5人が大船渡での災害救援に出発しました。

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・
東北地方太平洋沖地震に係る医療救護班の派遣 回答票(第2報)
  岡山済生会総合病院から岡山県医療推進課担当者へ
  ⇒PDFファイル(20.4KB)

医療救護班(第2班:済生会①)行程表(案)
  ⇒PDFファイル(53.0KB)

江澤先生と倉敷廣済病院の方たちが被災地へ出発

お知らせ

岡山県医師会では、JMATおかやまを
(本会へボランティア登録頂いた方々により編成された救援チーム)
宮城県へ派遣します。



1.派遣先:石巻赤十字病院

宮城県石巻市蛇田字西道下71番地

2.派遣者:4名(延べ8名)

高杉 幸司(医 師:倉敷廣済病院)
中塚ゆかり(看護師:倉敷廣済病院)
福添 洋子(看護師:倉敷廣済病院)
岸本 陽子(介護福祉士:倉敷廣済病院)

(現地合流等)

江澤 和彦(医 師:倉敷廣済病院)
江澤 香代(医 師:倉敷廣済病院)
矢吹 幸一(放射線技師:倉敷廣済病院)
狩山 順一(事 務:倉敷廣済病院)

3.出発日等:平成23年3月25日(金)12:00(予定)

(医)和香会倉敷廣済病院
倉敷市東塚5-4-16
℡ 086-455-5111

4.日程(予定)

3月25日(岡山発) 4月2日(岡山着)


くれぐれも、気をつけて行って来てください。



プロフィール

omatido

Author:omatido
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。