スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26次 江谷チームからの活動報告<その4>

【6月10日(4日目)】

最終日である。あっという間に時が過ぎた感じだ。

この日(金曜日)の渋滞は今までの中で最もすごい。
高速道路(いつもは石巻河南で降りる)が動かないので矢本ICで降りて、一般道路で湊小学校を目指す。
ナビの言うことは無視して、江谷先生が地図を見てアドバイスをくれる。辺りが田んぼだった所を走行する。

今頃は田植えの時期のはずなのに、広大な田んぼには瓦礫・船舶・車などが散乱している。
見渡す限り津波の被害を間近に見て、再び鳥肌が立った。
順調に小学校に向け走行していたのだが、途中通行止め場所があり迂回せざるを得なくなる。
昨日、調査をした日本製紙石巻工場のそばを通り、海沿いを走って、
それでも何とか診察には余裕のある時間に到着する。

どこを走ったのかよくわからなかったが、江谷先生に「昨日、この道を逆向きに走ったでしょ」と言われた。

午前の診察、岡山チームは11人である。咳・痰等の患者さんの他にボランティア中に怪我をされた方も来られる。
顎を怪我された方や釘を踏み抜いたかたである。
傷を縫合したり傷を広げて洗ったりして帰られた。
ボランティアの方もやるべき事が多くてがんばっているとは思うが、焦らずに安全に行って欲しいと思う。
自分の専門外の事を行うことは難しいのだろうなと思う。

午後の診察は、鹿児島チームは巡回なので岡山チームだけで6人(15時まで)の診察であった。

午後の方は、震災で海水が耳に入り聞こえが悪くなったという方が2名来られる。
江谷先生が診察し、皆さん異常はないとのことで安心された様子。
その中の1人が「先生に大丈夫と言われるだけで安心する。」と言われていた。
医師はすごいなとつくづく感じた。私も、そのお手伝いが少しでもできたから、良かったと思う。
江谷先生を水戸黄門と例えたら、難波先生と久常さんは助さん・格さんで
私はうっかり八兵衛の役どころではなかろうか。

15時を過ぎ、後続の尾上チームの方々が来られる。
皆さんパワフルな方々で、しかも2回目ということで、
ほとんど申し送りもなく(5分で終了)安心して湊小学校を去る。
今まで小学校まで通った道路を通り、仙台駅へ向う。
帰りの道中、終わったという安堵感と慣れた頃に終わるので残念な気持ち、
もっと何かできたのではないかという気持ち、様々な気持ちが駆けめぐる。

24時、無事に岡山駅に着き、26次チームの活動終了となる。

診察時に、何人かの被災者の方と会話させていただいた。
私が会話させていただいた方は、前向きな方が多かったので少し安心した。

だが、「震災で何もかもなくなってしまった。」「亡くなった方のことを考えてしまう。」等、
震災で失ったものが大きすぎ、心に大きな傷を持っている人もいた。

JMAT活動後、本当は私から見たら前向きに見えた方達も心に大きな傷を抱えながらがんばっているのだろうと思う。
被災地の復興を切に願う。

最後に、岡山県医師会の方々、江谷先生、難波先生、久常さん、そして職場のみんなに感謝します。
なにか少しでも役に立ちたいと思い、JMATおかやまに参加させていただいたのですが、
私のほうが貴重な経験、勉強をさせてもらったと思います。
今後この経験を活かしていけるよう頑張りたいと思います。本当にありがとうございました。

                        国立療養所 長島愛生園 河岡志郎


河岡さんは他のチームにはいない癒し系のキャラクターでみなさんを和ませていました。
どうしても暗い気持になる時があるので、こういう場所では大切な役目です。
救護所で日赤のドクターに「やかましい」と怒られていたのには爆笑でした(江谷)





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

omatido

Author:omatido
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。