スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26次 江谷チームからの活動報告

JMATおかやま 26次(江谷チーム)活動報告

<日程>
6月7日(火)~ 6月10日(金)

<チーム構成>
1、江谷勉(医師)長島愛生園・・・2、難波弘行(松山大学薬学部)薬剤師兼務
3、久常信子(看護師)・・・・4、河岡志朗(理学療法士)事務担当:長島愛生園

etani-1.jpg


【6月7日(火)】

朝6時40分に岡山駅に集合する。
今回、同行するメンバーの他にも岡山医師会の松山理事、事務局の原さんも来て下さっていた。
緊張しつつ、新幹線で仙台に向け出発。江谷先生より石巻市立湊小学校での活動についての説明を受ける。
また、今回は、現地の粉塵とヘドロについての調査や健康調査を行うということで、
その事項についても説明を受ける。

通常の救護活動にプラスして調査を行うから忙しいのを覚悟するようにと
江谷先生に言われて、ますます緊張した。

東京駅につき乗り換えをして、約13時に仙台駅に到着。

仙台駅からタクシーで石巻日赤病院に向け出発。
タクシーの中で運転手さんから震災の話を聞く。

仙台市内の津波が来ていないところでも地震の影響で
道路の陥没やショーウィンドウのガラスが割れていたり、建物が壊れていたりしているのに驚いた。

14時半くらいに石巻日赤病院に到着し、受付とミーティングをし、湊小学校へ。

15時20分頃に湊小学校へ到着。
前任の田中チームと引き継ぎを行う。
田中チームの新幹線の時間の関係で素早く申し送りを受ける。
田中チームを見送り、日赤チームに挨拶をする。

明日から頑張ろうと思っていたら、16時まで診察のようであった。
ドキドキしながら患者さんを待っていたが、今日は日赤の方が対応してくれて診察はなかった。   

宿泊所への帰りに明日からの調査地点の確認のため石巻市内を見学する。
湊小学校から旧北上川のほうに向かうとすぐに家が倒壊し、舟が打ち上げられ、
車が平たく潰れている信じられない光景が見える。

テレビで見て知っているはずなのに、実際に見る景色は本当に恐ろしかった。
川沿いを通り日和大橋を通り石巻市立病院周辺に行く。そこの景色には鳥肌が立った。

遠くから見る市立病院はきれいに見えるのだが、
その周りは住宅街だったのだろうかほとんどのものが流されている。
本当に信じられない光景であった。また車の走行中、異臭も感じられた。
避難所近辺がこのような過酷な環境であることを改めて感じた一日だった。

etani-2.jpg
**********************

etani-3.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

omatido

Author:omatido
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。